オンライン英会話|ビジネスオンライン英会話|こどもオンライン英会話|無料体験レッスン実施中!ワールドウィングスターworldwingstar体験レッスン実施中!オンライン英会話|ビジネスオンライン英会話|こどもオンライン英会話|ワールドウィングスターworldwingstar

  • ワンポイントレッスン

イディオム・スラング第18回目2020.06.25

Hello, everyone!

I suppose many of you have started a “new life with coronavirus”.

(コロナとの共存という”新しい生活”が始まった方も多いと思います。)

Kids returned to school . (子供たちも学校生活に戻りました。)

Let’s be careful and protect yourself from coronavirus, at least, until vaccine against covid-19 is available.

(せめてコロナワクチンが手に入るまで、注意して自分の身を守りましょう。)

 

 

さて、今日のイディオム、スラングです。

1つ目は、”sort of” です。よく会話に登場するので、聞いたことがある方も多いと思います。

「まあ言ってみれば…」「~のような」という意味で、”kind of”に類似していて、

断定できないけど、なんとなくそんな感じ…ということを伝えたい場合に使われます。

例えば、

A: I sort of like that actress.  「あの女優さんは、どちらかと言えば好きかな…」

のように使います。一般動詞の前、be動詞の後ろに置いて、使ってみてください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2つ目は、”jam packed”です。「ぎっしり詰まった、満員の」という形容詞句になります。

例えば、

A: The train was jam packed.  「あの電車はギューギュー詰めだった。」

とか

A: The event hall was jam packed with his fans. 「イベントホールは彼のファンでいっぱいだった。」

のように使われます。”fully occupied” とか”overcroweded”と類義語です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3つ目は、”ring a bell” です。「ベルが鳴る」=ピンとくるというイディオムになります。

例えば、

A: That nickname rings a bell! 「そのニックネームは、聞き覚えがある。」

という風に使います。感覚的に、ピンきた!というときに、That rang a bell with me!

「あ、聞いたことある!」などと、thatを主語にして使うことができます。

 

それではまた次回まで…See you soon!

 

関連記事

PAGETOP