ビジネス・試験対策もオンライン英会話ならWORLD WINGSTARWORLD WINGSTAR

  • TOEIC 950点への道のり
  • 海外旅行珍道中

映画の撮影現場に旅してみる2016.11.30

トム・クルーズ主演の、ミッション・インポッシブルという映画がありますね。
シリーズ第一作目の最初のシーンが撮られた場所をご存知ですか?

チェコのプラハという街です。
プラハ城があって、カレル橋で街につながっているのですが、まさにその
橋の上や下が舞台となりました。
いつか、ここへ行きたいわ~と思いながら映画を見た覚えがあります。
ただ映画を見たからだけではなく、もう1つその気持ちに拍車をかけたのが…
英字新聞でした。英語の勉強のために、と購読していた
Mainichi Weekly (もしかしたら、Asahi Weeklyだったかも。どちらも(交互に)購読していて、
さらにどちらも、よく似ている構成でした…)。
見開き一面を写真いっぱい使って世界の風景を紹介するコーナーがありました。
(今もあると思います)。
写真の下には、その場所を紹介する文章が主に日本語で(時折英語で)紹介してあり、
その場に思いを馳せるというより、そこに入り込んでしまうかのような錯覚を覚えるぐらい
臨場感があって、エキサイティングなコーナーだったのです。
そこで、ある日の特集が、「ミッション・インポッシブル」の撮影現場となった
プラハのカレル橋でした。強烈な印象を受けた私は、絶対ここに将来行こうと決めて、
実際に行く事になるのです。
ドイツから電車に乗って国境を渡り、チェコへ。実際はちょっと怖かったですね。
夜行列車で、夜中に検問官がノックしてきた時…英語ならともかく、ロシア語っぽい言葉で
背の高い制服を来た人が前に立っていたので、パスポートを持ってドキドキ…。
でも、ちゃんと入国できました。プラハへついてからは、ほとんど英語で大丈夫でしたし。
(チェコはとてもおもしろい国なので、また改めてお話するとして…。)
ホテルから歩いてカレル橋を渡り、プラハ城を上っていく時、もちろん私は
スパイにでもなった気分で、時々後ろを振り返ったり(笑)
何かテーマを決めたり、どうしても行きたいと思う場所へ行くというのも
おもしろい旅の仕方だなあと思ったりしました。
そして先ほどのWeekly英字新聞もオススメです。週1発行で月に1000円ほどで
いろいろな情報が入っていますよ。

関連記事

PAGETOP