オンライン英会話|ビジネスオンライン英会話|こどもオンライン英会話|無料体験レッスン実施中!ワールドウィングスターworldwingstar体験レッスン実施中!オンライン英会話|ビジネスオンライン英会話|こどもオンライン英会話|ワールドウィングスターworldwingstar

  • 海外移住体験
  • 体験談

NYリアルお薦めスポット⑫2021.01.09

NYに住み始めて1年目くらいから、(勇気を出して)Brooklynに住み始めたとき、ブッシュウィックという倉庫街にある、倉庫を改装したシェアハウスに住んでおりました。

アーティストが住み始め、町中にペイントがあったり交流が盛んな時期だったこともあり、とても刺激的(たまに刺激が強過ぎたこともありましたが、、、)で、とても思い出深い場所の一つです。今でもここで出会った友人はかけがえない財産となりました。

ブルックリン地区はDIY精神が強く、何でも自分たちで作って売っちゃう。

それがすぐにビジネスに繋がることも多く、特にオーガニックに取り組んだコーヒーやチョコレートは典型であったかもしれません。少し高くても良いものを。というNYらしい志向が根付いたモノづくりがとても盛んでした。

日本でもマストブラザーズを中心にNY発のチョコレートはとても人気だと思います。
その中でも私が(勝手に)成長を見届けた、と思っているチョコレート屋さんFINE & RAW Chocolateをご紹介したいと思います。

FINE & RAW Chocolateは住んでいた地下鉄L線 モーガンアベニュー(Morgan Avenue)駅近くに工場を構え、駅からの帰り道にはいつも美味しそうなあまーい匂いがいつもしていました。
様々なアーティストが集まる街だからこそ出来る、かっこいい工場です。

一見、何か分からないのも、”ザ・Brooklyn”。

中に入ると、工場兼オフィス兼カフェ。もう何でもありって感じです。

創設者は昔、NYの金融界で働く経済アナリストだったそうです。(だからこそのビジネスセンス!)金融界の厳しい環境を離れた時期に、自宅で好きだったチョコレートづくりを始めたのがきっかになり、ブッシュウィックに工場を構えるほどに。ローストしない生カカオ豆を使ったローチョコレートで有名になり、今では、ニューヨーカーに人気の「ホールフーズ・マーケット」など、最先端のアイテムや気鋭ブランドを扱う店に取り扱いされています。

ちなみに「ローチョコレート」とは、ローストしていない生(raw)のカカオを原材料として作るチョコレートのことで、カカオの豊富な栄養分を丸ごと取り入れられます。カカオ豆を低温で焙煎するため、カラダに良い酵素やミネラルなどの栄養価を損なわず、カカオ本来の持つ独特のフレーバーを最大限に引き出しているのが特徴
また、砂糖、乳製品、添加物は一切未使用で、原料はすべてオーガニック。
嬉しいことだらけのチョコレートなんです。

セクシーなデザインの用紙に包まれた板チョコが11ドルぐらいからという高価にも関わらず、大人気チョコレートになりました。個人的には、工場が開設されたときから見ていたので、親気分で町中で見かける度とてもうれしい気持ちでした。

 

次に食べられる日が、待ち遠しいです!

関連記事

PAGETOP