WORLD WINGSTAR|学校・教育機関向け



オンライン英会話の良さ
文部科学省は2020年から小学3年生の授業に英語クラスを導入し、5年生からは正式授業にすることを決定しました。  
また2020年度から始まる大学センター試験では4技能の評価を取り入れるため、民間試験を活用する動きが始まっています。  
これに合わせて、中学・高校では4技能を取り入れた英語クラスが始まっています。  
しかしながら、民官試験を導入するとなると首都圏と地方では試験を受けられる回数に差があり、また、親の経済的な格差にも左右されます。  
ここで有効な手段として、どこでもいつでも利用できるオンライン英会話が注目されています。  
受講料はリーズナブルな価格帯(待ちの通学式教室に比べて1/5/- 1/10の受講料で利用できる中学・高校でもATLに合わせてオンライン英会話の導入が進められています。  
特にオンラインはマンツーマンが基本!、周りの友達に遠慮することなく、海外にいる先生と1対1で英会話の訓練ができるのは強みです。


中学・甲乙学校への導入
オンライン英会話の指導要綱

・自分たちの意見を交換し合う英会話
・スピーキングだけでは伸びないトーキング力 
・基礎構文(文法)の力をつけながら語彙力を伸ばす学習指導 
・多読・音読で・カタカナ読みからネーティブの発音へ 
・大学入試に向けた準備として4技能スキルアップを目的とした学習と練習
*:長期的な学習はTOEFLを推奨  
・教育期間関係者では民間試験を導入するにしても、評価基準がバラバラのため大学から疑問を投げかけたりして、混沌としています。  
・しかしながら、TOEFL は世界中で留学先大学の入学試験に採用されており、中学高校はTOEFLを意識し、大学はTOEFL, TOEIC対策に向けた英語教育が行われるでしょう。
いずれも4技能は必須です。 
・もう一つヨーロッパ基準のCEFRがあります。 
この3つに集約されていくものと考えております。


特別なテキストブックは使用しません。主にトピックスを提供し教師と会話の練習をします。   
会話のレベルは生徒の技量を評価して進めます。   
*:英語嫌にさせない。英語嫌いな生徒には英語好きになるように学習指導します。      
そのポイントは生徒の興味のあるジャンルから話題提供し、基本構文、発音を更正しながら語彙力、発話力を高めていきます。


4技能と文法や語彙を体系的に学ぶアプローチを通じコミュニケーションを円滑に図るための実用的な言葉を身につけます。
生徒は、幅広いジャンルのトピックを盛り込んだ良いものを通じ、言葉や自分自身の経験、文化などについて考察することができます。
アクティビティでは実生活でも起こりうるしツアーションを想定しし、実用的で役に立つ会話モデルを使って会話を練習します。
音声ファイルを利用して自己学習が可能です。



ワールドウィングスター で開発した教材です。
4技能を更に訓練する目的でデザインされ教材は以下の4部で構成されています。各テキストブックは技能別に分かれており、それぞれ50ユニットから構成されています。
中級の上のレベル(HIgh-Intermediate)を目指します。
TOEFL/TOEIC対策にも利用できます。
- Grammar and Writing
- Listening and Comprehension
- Speaking and Vocabulary
- Reading & Pronunciation


2020年度に始まる大学入学共通テストの英語試験では4技能を測るため民間試験が導入されます。
それぞれ特徴がありますが、中学、高校から継続的な学習をすることをお勧めします。
ワールドウィングスター では英検の他、TOEFL,TOEIC, IELTSのトレーニングクラスを用意しております。


・多国の異文化を知り(文化・風習、国々の違いなど)、多様性を学びます。
・自分の意見を述べる練習をし、発言力を伸ばすトレーニングを行います
・コミュニケーション能力を伸ばすトレーニングを通してリーダシップの取り方を学びます。
・プレゼンテーションスキルを伸ばトレーニングを行います。
・音声表現、相手に伝わる表現力の練習をします。
・留学コース(オプション)に参加し、留学先のスクールで異国の生徒達と学業を一緒に行います。


夏休みを利用した集中トレーニングコースです。
高い塾の授業料に対してリーズナブルなマンツーマンレッスンで教師があなたの家庭教師としてガイドします。
1学期の復習、2学期の予習、英語の宿題のほか、英会力話を身につけるチャンスです。
担任制もありますので、効果的に4技能のスキルを高めることができます。


グローバル社会において、他人種に慣れることは大事なことです。 留学コースは海外で英語力を高める学生におすすめします。 ただし最低、中級以上の英語力を持って留学しましょう。 留学しても英語が伸びず帰国する学生を多く見ます。 原因の一つが英語力が無いなかで気分で留学するタイプです。 レベル分けされ、結局多国の学生にたいして英語力の無い日本人のクラスに集合されることになります。 つまり周りはのほとんどが日本人。 日本で少なくとも中級以上の英会話力をつけ、他国の学生のなかで学ぶべるようにしましょう。 このコースでは留学を希望する学生のためのコースです
 

代表的な英語の民間試験(各検定協会・団体・ウィキペディアより引用)

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。したがって、海外で不自由なくキャンパスライフを送るために必要なテストとなります。

International English Language Testing System(IELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が増え続けています。
IELTSはブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営で保有する試験で、世界140ヵ国の1,200以上の会場で受験することができます。公益財団法人日本英語検定協会は、日本国内における実施運営及び広報活動をしています。

TOEICとは『Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)』の略です。(TOEICは「ビジネスに活かしたい」「日常会話を身につけたい」という人のための英語能力試験)
国際コミュニケーション英語能力テスト、通称TOEICとは、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。 試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体である教育試験サービスが行っている。また、ETSはTOEFLも主催している。TOEICには種類がいくつかあり、年間の受験者数は日本人でおおよそ250万人程度とされており、年々受験者が増えTOEICがもたらす社会的影響も増しているので、TOEICでハイスコアを取得するだけで就活や転職で有利になります。特に日本国内では英語能力の評価にTOEICを採用している企業が多く見受けられます。
世界での受験者が6~700万人程度であるから、日本、韓国、中国など東アジアの受験者が大半を占めており、TOEFLなどに比べると世界における認知度は低いです。

実用英語技能検定は、公益財団法人日本英語検定協会 (Eiken Foundation of Japan) が実施する英語技能の検定である。一般に英語検定または英検と呼ばれる。 英語に関連する検定としては日本では最も長く行われている。
日本英語検定協会によれば、実用英語技能検定は米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド等で約400の教育機関で認められている

CEFR(セファール)。これはCommon European Framework of Referenceの略で、ヨーロッパ言語共通参照枠と訳します。これは多言語が行き交うヨーロッパでどの言語でどれくらいの語学力(特にその語学を使ったコミュニケーション力)があるのか、共通して測る物差しとして欧州評議会(Council of Europe)が20年以上研究し開発したもので、2001年から公式に活用されています。その後ヨーロッパ各地に急速に広がり、現在では38の言語に対応した国際基準になっています。
CEFRは外国語の熟達度をA1, A2, B1, B2, C1, C2の6レベルに分けて評価します。

GTEC(ジーテック)
GTEC(ジーテック)は、使える英語力を絶対評価で測定する、スコア型の英語4技能検定。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の英語力を測定する。
商品ラインナップには、中学生・高校生向けのGTEC、小学校・中学生向けのGTEC Junior、大学・社会人向けのGTEC 大学生・社会人版があり、それぞれの検定が、英語4技能の測定に対応している。
中学生・高校生向けのGTECはヨーロッパ言語共通参照枠 (CEFR) の関連を調査しており、国際標準を満たした英語4技能検定である。国内、海外の大学で、これらの検定のオフィシャルスコアを保有していると、出願基準や入学試験の代替となるなど優遇措置が受けられる。



多くの小中学高校ではタブレットを用いたオンライン授業を計画しています。 
ほとんどはSKYPEアカウントを用いたwifi接続で一度に30から40人の生徒が同時実族すると回線に渋滞を起こし、不安定になるケースが見られます。 より安定したオンライン授業を提供するためにSKYPEの1/5のリソースでPC、回線に負荷を軽減したツールZOOMを推奨しております。 
またSKYPEのようにアカウントを生徒毎に作成する必要はありません。 またPC、タブレット、スマホなど、どのO/Sにも対応します。