WORLD WINGSTAR|英検

試験対策クラス

TOEICコース

TOEIC

1.Tactics for the TOEIC
Listening and Reading Test

2.Tactics for the TOEIC
Speaking and Writing Test

特徴

オックスフォード大学出版のテキストブックを使用します。
1.TOEICテストを主催するETSより認可を受けた唯一の対策コースです。このコースは7つのユニットから構成されTOEIC対策に最適なほか、リスニング、リーディングのスキル向上に役立ちます。
2.スピーキング・ライティング力を高めながら、実際のTOEICテスト問題に慣れる事ができるTOEIC主催団体ETS認可のテスト対策コースです。20ユニットから構成されています。

Focus

TOEICコースは以下の3つのポイントとなる学習方法で構成されています。

Language Building

生徒が文節とテストに関連した語彙と文法を組み立てられるように教師が指導します。
生徒が理解できない文章や単語があれば、生徒の理解度を上げるために例文を提示しながら説明し、さらにそれらの文章に関連した基本的な文法について解説します。

Test Tactic

TOEIC TEST中に注意すべき時間配分と、能率的に問題を解く方法のトレーニングを行います。

Tactic Practice

口語英語を理解するためのリスニングを主としたセッションです。Tactic Practiceを通してアメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリスなど異なった英語圏のネーティブスピーカーの発音に慣れるための学習を行います。


MINI TESTS(10-20分)

実際のTOEICテストを模擬し、時間配分された下に用意された問題を解きながら実践に近い状況でテストします。


LEARN BY DOING/GRAMMAR PRACTICE/VOCABULARY PRACTICE/ READING IN ACTION

テスト問題を越えた言葉、表現を広げるを目的に、それらが世界中でどのように応用できるかを学びます。
いつ、どこで、それらの言葉の表現が使われるか、生徒がどれだけ理解しているか、教師はそのレベルを確認します。
Learn by Doing (20-30 minutes):リスニング
Grammar/Vocabulary Practice (10-15 minutes):文法、語彙
Reading in Action (20-30 minutes): リーディング


Further Practice

ライティングテストに挑む生徒に向けた補習授業です。新聞、雑誌等を使いながらテストに似せた学習を行います。


英検コース

英検簡単レベル測定:https://gm.ei-navi.jp/measurement/general
英検は、学習レベルに応じて7つの級を設定しています。
英語の基礎を身につけ、一歩ずつ確実にステップアップできる5級・4級・3級。
使える英語の幅を広げ、世界へ飛躍する力を養う準2級・2級。
そして、品格のある英語使用者として国内外で高く評価される準1級・ 1級。
あなたの英語レベルに応じて、どの級からでもスタートすることができます。 英検にチャレンジすることで、自分の英語力が把握できます。ひとつ上の級を目指して学習することが、社会で通用する英語を身につける近道になります。
詳細は公益財団法人 日本語英語検定協会へ  http://www.eiken.or.jp/eiken/
※日本英語検定協会サイトから一部引用


ワールドウィングスターの英検対策の進め方

ワールドウィングスターでは、日本語英語検定協会のホームページで提供されている、最近行われた英検問題集を基にアレンジしたクラスを用意しております。教師は生徒の目標としているレベルと現在のレベルを見てカリキュラムを決定し適切なテキストをご提供いたします。英検で行われている7つ級はレベルに応じてテスト項目がそれぞれデザインされたレベル毎の試験です。


第1ステージ(一次試験対策):リーディング・筆記/リスニングテスト

教師はこのステージのガイドとして小冊子を用いながらテストを容易に導きます。
音声ファイルもこのステージで提供されます。
また教師は生徒が本番の試験として感じられるように時間管理にも配慮します。
模擬テスト終了後、教師は補習様に生徒の読解力、リスニングスキルを鍛えるために話題を提供します。リーディング、音声教材はホームページから抜粋された無料版を使用します。


第2ステージ(二次試験対策):スピーキングテスト

このステージではいくつかの場面を描写したカードが与えられ、教師は生徒が与えられた時間内にそのカードの場面について説明することを促します。さらに生徒の分析、重要な考えに気づかせる様に質問をしていきます。実試験をまねたディスカッションを行う為に、生徒が選んだ、もしくは好む話題を提供してトレーニングを進めます。
またフォローアップのために、教師は生徒が自分の話したい事や考えている事を首尾一貫して相手に伝えられるよう、その学習方法について提案します。表現と文章の組み立て方についてもこのセッションで適時説明されます。


TOEFLコース

TOEFL

Official TOEFL iBT Tests Volume 2 (Official Toefl Ibt Tests)

特徴

TOEFLテストは、大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」 「書く」の4つの技能を総合的に測定します。
*TOEFLテストには、TOEFL PBT(Paper-based Test ペーパー版TOEFLテスト)とTOEFL iBT(Internet-based Testインターネット版TOEFLテスト)があります。
現在、日本で はTOEFL iBTが実施されており、TOEFL PBTは2007年11月以降実施されていません。ETSは、TOEFL PBTの段階的廃止を発表しています。

IELTSコース

IELTS

1.Barron’s IELTS Superpack

2.The Official Cambridge Guide to IELTS Student's Book with answers with DVD-ROM

特徴

IELTSには、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2種類があります。
いずれも、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのテストで構成されており、リーディングとライティングに 関しては、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールでは 試験問題が異なります。

アカデミック・モジュール

アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う 大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。イギリ ス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院では、アカデミック・ モジュールでの試験結果が入学許可の判断の基準となっています。
一般的に、大学や大学院において英語で学びたい方や、英語圏での看 護師や医師登録申請をする方は、このアカデミック・モジュールでの結果が必要です。


ジェネラル・トレーニング・モジュール

英語圏で学業以外の研修を考えている方や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる方は、ジェネラル・トレーニング・モジュー ルを受験することが一般的です。


ワールドウィングスターのIELTS試験対策クラスの進め方

リスニングテスト

教師は生徒が音声を聞いた後に、テスト用紙に提供された質問に答えるように促します。
生徒が理解できない場合は、理解できるまで繰り返して音声を聞かせながら分からない点を説明し、場合によって、宿題あるいはテーマを与えて次回のレッスンに臨むように指導します。
更に生徒毎にレベルが異なるリスニング力について、その改善ポイン トとアドバイスを個別でします。


リーディングテスト

教師は生徒に一般的な話題を書籍、雑誌、新聞などから抜粋して音読するように指導します。
リーディング中は、常に生徒の発音に注意を払い適切に修正指導します。さらに徹底したトレーニングを行う為に、言葉の理解度・抑揚について重点的にチェックします。
生徒は新しく覚えたフレーズ、言葉の応用例など先生に求めながらレッスンを進めて行きます。


ライティングテスト

教師は生徒にライティングテスト練習問題、または宿題を出します。
生徒はその問題を行い、教師と答え合わせを行いながら理解度を深めます。


スピーキングテスト

教師はテストで出題された話題について、正しい表現とスピーキングテクニックを生徒と確認します。そして新しい表現方法とフレーズをレッスン中に使い身に付けさせます。 さらに教師は会話を通して関連した質問をします。その中で、生徒が自ら考え、アイデアを持って答えられるよう指導します。
※基本的に教師はIELTSのテキストブックの構成に従い、生徒の試験対策をフォローします。
そして適時生徒に合わせて、適切なヒントと方法を指示します。